ビートたけしさんを占う

Pocket
LINEで送る

今日、ビートたけしさんが先月に協議離婚をされていたという報道がありました。

ビートたけしさんと言えば、お笑い芸人、映画監督、俳優、司会など
マルチな活動をされていて、そのご活躍ぶりは
国内外にも広く知られています。

ビートたけしさんは映画監督などのお仕事の際には本名の
「北野武」というお名前を名乗っていらっしゃいます。

姓名判断で占うと、「ビートたけし」は総画15画。
「北野武」は総画24画。

15画は会話上手・おしゃべり好きな明るい人が多く、
お笑い芸人として15画の「ビートたけし」を名乗るのは
とても合っていると思います。

24画は金運が良い画数と言われています。
マルチなご活躍を支える、良いお名前です。

しかし、性格を示す「内画」という
「姓のラスト+名の先頭」の画数が19画。
19画を内画に持っている方は繊細なハートの持ち主が多く、
会って話している時は明るい笑顔を見せていたとしても
実は家に帰ってからあれこれ気をもんでいたりする人が多いです。

恋愛運を示す「地運」という名前の合計の画数は
8画または9画。
流派によっては名前が1字の人には「+1」をする・しないがあり、
私は両方の数字をみるようにしています。

8画はとてもパワフルで猪突猛進的な傾向がみられますが、
純粋な一面もあります。
9画は甘えん坊さんが多く、一時的な感情に流されて浮気をしてしまう場合も
みられることがある画数です。

本名のパワーをみる限り、繊細かつピュアで
無条件に自分のことを甘やかしてくれるような女性に弱いのかもしれません。

 

数秘術では「4」のグループの人なので
こつこつと取り組むことが得意なのではないかと思われます。

新しい事務所を立ち上げてからは
精力的に出版されていらっしゃる印象がありますが、
「4」の気質が良いサポートになっているのではないかと思います。

 

西洋占星術という観点からも占ってみました。

お生まれは1947.1.18。
出身地は東京都足立区。

生まれた時間は不明だったので、
赤ちゃんがわりと多く生まれやすい時間帯
「AM6時」でホロスコープを作成しました。

 

【ビートたけしさんの出生時ホロスコープ】

まず、生まれた時のホロスコープで特徴的なのが
「水星、火星、太陽」のコンジャクション(0度)です。

いずれも「やぎ座」にあります。

やぎ座に太陽を持つ人は反骨精神が強い傾向があります。

水星と太陽がコンジャクションの場合、
賢く、頭の回転の速い人が多くみられるように思います。
そして、火星と太陽がコンジャクションの人は
やる気に満ち、エネルギッシュな性質の人が多いです。

たけしさんの場合は、大きな目標にも果敢に挑むようなパワーを
持ち前の知性を活かして発揮する人生といえます。

もう1つコンジャクション(0度)の組み合わせがあります。
それは、「金星、月」のコンビです。
金星と月がコンジャクションの人はロマンティックなものを好みやすく
ムードに酔いしれやすい傾向がみられます。

今まで色々な方のホロスコープをみていて、
金星と月のコンジャクションがある人は
男性も女性も問わず、モテる人が多いです。

このコンビにセクスタイル(60度)しているのが「海王星」です。
金星と海王星が角度を形成していると
どの角度であっても、浮気とか不倫、二股など、
あいまいな恋愛関係に発展することが多いです。

月と海王星が角度を形成していると、こちらもどの角度であっても
夢見がちになりやすく、期待を抱きやすい傾向がみられます。

たけしさんの場合は、金星と月のコンビのオポジション(180度)の位置に
ドラゴンヘッドという、「太陽と月の通り道が交差するポイント」があります。

金星とドラゴンヘッドがなんらかの角度を形成している人は
わりともてやすく、周囲の異性にちやほやされやすい人が多いです。
自分をちやほやしてくれる人に変な気をつかってしまって、
言い寄る相手に気を持たせてしまう場合も見受けられます。

 

続いて、協議離婚が成立した時点のホロスコープをみてみました。

離婚が成立した日は先月のこと、「2019年5月」としかわかっていません。
そこで、5月の中日、15日でホロスコープを作成し、
火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星
という比較的動きの緩やかな星との関連性をみました。

5月時点で、土星が「やぎ座20度」、冥王星が「やぎ座23度」を進行し、
たけしさんが生まれた時の「水星、火星、太陽」とコンジャクションの形を
形成していました。

土星は試練の星と言われていますが、
進行中の土星が生まれた時の太陽の位置にくる時、
ひと回り大人になるような経験をしやすく、
少し責任の重い状況を経験することになる場合が多いです。

また、冥王星は破壊と再生の星と呼ばれ、
進行中の冥王星が生まれた時の太陽の位置にくると、
これまでの生き方ががらりと変わるような出来事を経験しやすくなります。

 

【ビートたけしさん、離婚時のホロスコープ】

離婚なさった奥様とは別居している期間が長かったようですが
これまでの当たり前を壊して新たな環境に身を置く、というのは
まさに星の示す通りなのかもしれません。

たけしさんの魅力にはすでに魅了されている人も多いかと思いますが、
今後どんな風に、たけしさんがご活躍されていくか楽しみです。

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

投稿を作成しました 29

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る