田辺聖子さんを占う

【逝去】作家・田辺聖子さん

Pocket
LINEで送る

6月6日午後1時28分、作家の田辺聖子さんが死去しました。

田辺さんは1964年に芥川賞を受賞、その後1966年にご結婚されています。

作家として世に多くの作品を送り出した田辺さん。
今日は田辺さんの人となりを占いでみてみたいと思います。

 

田辺聖子さんは1928年3月27日大阪生まれです。

数秘術でみる人生のテーマは
「自由奔放に生きる」です。

明るく、人を大切にすることが得意な人が多いのですが、
責任の重いことを避けたがる傾向があります。

姓名判断では総画43画。
この数字は男女ともに異性に足をひっぱられやすい画数です。

また、「聖」という漢字を使った名前の人は
人の注目を集めやすく、
スポットライトが当たっているような人生を送りやすいのですが、
プライベートも公にさらされやすい傾向があります。

それでは、ホロスコープをみてみましょう。

田辺聖子さん出生時ホロスコープ
【田辺聖子さん出生時ホロスコープ】

魚座で水星と金星がコンジャクション(0度)。
センスを問われる職業についている人によくみられます。

魚座は「共感」というキーワードがありますので、
人の気持ちに訴えかけるような活動を
自らの知性とセンスをいかして生きていくことになりやすいです。

作家向き、といえます。

おひつじ座にある天王星と太陽がコンジャクション。
好奇心旺盛な人によくみられます。

射手座にある土星と、水瓶座にある火星が角度を作っています。
これは我慢強い人によくみられる組み合わせです。

 

 

田辺聖子さん死去時のホロスコープ
【田辺聖子さん死去時のホロスコープ】

田辺さんが死去した時のホロスコープをみると、
かに座の(火星ードラゴンヘッドー月)と、
山羊座の(土星ー冥王星)の組み合わせが
オポジション(180度)、向かい合わせの状態です。

象徴的な出来事、インパクトの強い出来事が引き起こされやすく
苦しい思いをしやすい組み合わせです。

この組み合わせでは、家族や身近な人たちが
変えがたい出来事を前に、それを受け入れるしかない状況に立たされやすい
とも、読み取れます。

 

この時の惑星の配置が田辺さんにどんな影響を与えたのか、
詳しくみてみましょう。

 

 

田辺聖子さんを占う
【田辺聖子さんを占う】

健康状態は第6室をみますが、
お亡くなりになった時のホロスコープの第6室には
「海王星」が入っています。

海王星は液体や薬品を象徴するので、
お薬が手放せない状態だったのではないか、といえます。

双子座の太陽と、出生時のドラゴンヘッドがコンジャクション。
ご本人にとって節目となる出来事が起こりやすい状態です。

お亡くなりになった時の金星と、
出生時の海王星が角度を作っています。
夢見るような、まどろみの中、旅立たれたのでしょうか。

 

わたしたちに多くの感動と楽しみを与えてくださって、
ありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

Pocket
LINEで送る

投稿を作成しました 29

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る