早乙女太一、西山茉希離婚時の三重ホロスコープ

【離婚】早乙女太一さんと西山茉希さんを占う

Pocket
LINEで送る

早乙女太一さんと西山茉希さん離婚

早乙女太一さんと西山茉希さんが離婚を発表しました。

結婚前、交際中の頃からたびたび話題になることもあったお二人ですが、
お子さんにも恵まれ、お幸せそうなのかと思いきや……

さて、お二人の相性は……?

占いでお二人に迫ってみたいと思います。

 

早乙女太一さんを占う

早乙女太一さんは1991年9月24日、北九州市生まれ。

このデータをもとに占いを進めていきましょう。

数秘術のナンバーは「8」

数秘術のナンバーは
1+9+9+1+9+2+4=

「8」は行動力に恵まれ、精力的に活動する人生

「こうだ」と決めたら譲らない頑固さ
出やすい傾向があります。

 

姓名判断の総画数は「15」

姓名判断でみてみましょう。

早乙女太一さんの総画数は、
6+1+3+4+1=10+5=15
で、総画数「15」です。

15は大吉数。
クリエイティブな職業に適性のある画数です。

この画数が名前の中に入っていると、
本音と建て前をうまく使い分けて
上手に世渡りしていく傾向がみられます。

明るくて人気者に多い画数です。

 

占星術で占う

早乙女太一さんのホロスコープを作成します。

生まれた時間が不明なので、
子どもが生まれやすいと言われる
朝の6時でホロスコープを作成します。

生まれた時刻が不明なので、
月の位置についてみる際は参考程度にします。

 

早乙女太一さんのホロスコープ

早乙女太一さんのホロスコープで注目するポイントは

  1. 天びん座にある太陽と水がめ座にある土星が120度
  2. さそり座にある冥王星と天びん座の火星、やぎ座の海王星とドラゴンヘッドが角度を作る
  3. しし座の金星とさそり座の冥王星が90度を作る

この3点です。

天びん座にある太陽と水がめ座にある土星が120度

早乙女さんのホロスコープをみると、
人生の方向性を示す太陽は天びん座にあり、
水がめ座にある土星と120度の角度を作ります。

土星はその人にとっての課題や試練を意味する場合と、
親からの影響という面を意味する場合があります。

早乙女さんの場合、親御さんが劇団員で
4歳で初舞台を踏んでいます。

こういう点が太陽と土星のコンビの影響によるものと考えられます。

また、このコンビにはおとめ座にある木星も角度を作っています。
親から受け継ぐもの、伝統的な分野で世に認められ、財を成す
と、読み解くことができます。

さそり座にある冥王星と天びん座の火星、
やぎ座の海王星とドラゴンヘッドが角度を作る

さそり座にある火星を頂点として、天びん座の火星、
そして、やぎ座の海王星とドラゴンヘッドのコンビ
以上3つのポイントで三角形が作られます。

海王星と冥王星は動きの遅い星なので、
影響があるとすれば世代全体に対する影響として出やすいです。

火星と冥王星がコンビがホロスコープにあると、
暴力事件やケガなどに縁の多い人生を送りやすい傾向が高まります。

火星と海王星のコンビは
夢の実現のためにエネルギッシュに活動しやすいです。

ここにドラゴンヘッドが加わることで、
今ピックアップしたキーワードに関する出来事が起こった時に
それまで積み重ねてきたものを破壊して
人生が激変する可能性が高まります。

しし座の金星とさそり座の冥王星が90度を作る

5度の差が出てしまうので、影響としてはそれほど強くない可能性がありますが、
しし座の金星と、さそり座にある冥王星が90度の角度を作ります。

金星と冥王星が角度を作る時、愛情表現の不器用さとして影響が出やすいです。

早乙女さんの場合、冥王星は実家であるさそり座に里帰りしている状態のため、
冥王星はパワーアップしている状態です。

しし座に金星のある人は、華やかな恋愛を好みやすく
おしゃれでスタイルやルックスのいい異性に夢中になりやすい人が多いです。

 

西山茉希さんを占う

西山茉希さんは1985年11月16日、長岡市生まれ。

このデータをもとに占いを進めていきましょう。

数秘術のナンバーは「5」

数秘術のナンバーは
1+9+8+5+1+1+1+6=

「5」は楽しく無邪気に生きる、が人生のテーマ。

自由を愛し、楽し気なムードを好みます

責任の重い話が苦手な人も多い傾向があります。

 

姓名判断の総画数は「27」

西山茉希さんの総画数は、
6+3+11+7=9+18=27
で、総画数「27」です。

27は波乱数と言われています。
他の人とは段違いの個性を発揮して注目を集めますが、
人の注目を集める分、敵が多くなりやすかったり
プライベートで苦労を強いられる人生を送りやすい画数と言われています。

スキャンダルに見舞われてしまう場合もあります。

歌手やアーティスト、クリエイターといった職業
個性と才能を発揮されるケースが多いです。

愛情運の「18画」は、
好きになったらまっしぐらになりやすく、
どんなことがあっても自分の気持ちを貫こうとする人に多くみられます。

占星術で占う

西山茉希さんのホロスコープを作成します。

生まれた時間が不明なので、
子どもが生まれやすいと言われる
朝の6時でホロスコープを作成します。

早乙女さんと同様、生まれた時刻が不明なので、
月の位置についてみる際は参考程度にします。

 

西山茉希さんのホロスコープ
西山茉希さんのホロスコープ

西山茉希さんのホロスコープで注目するポイントは

  1. さそり座にある金星と冥王星が0度
  2. 天びん座の火星と、いて座の水星・天王星コンビが60度

この2点です。

さそり座にある金星と冥王星が0度

金星がさそり座にあると、
深く相手を愛そうとする傾向がみられます。

他の星座に金星がある人と比べ、
愛情が豊かであるのですが、
一度深い関係になった相手に執着しやすいです。

この金星に、さそり座を実家とする冥王星が隣に寄り添い、
0度の角度を作ります。

愛と憎しみが隣り合わせの恋愛にはまりやすい傾向がみられます。

金星はみずがめ座にある木星と90度の角度を作るので、
豊かな愛情が拡大されることになり、
なかなか他の人には理解し難い愛情関係を結ぶ人もいます。

天びん座の火星と、いて座の水星・天王星コンビが60度

いて座には水星と天王星のコンビが控えています。
このコンビに、天びん座の火星が60度の角度を作ります。

水星と天王星のコンビがホロスコープにあると、
頭の回転が速かったり発言がユニークで注目されたり
という一面がみえやすくなります。

そこに火星が加わるので、
口が禍の元になる可能性が高くなります。

二人の結婚生活について

まずは結婚発表時のホロスコープとお二人のホロスコープを重ねてみます。

 

早乙女太一、西山茉希結婚時の三重ホロスコープ

 

ホロスコープをみてみましょう。

パートナーシップを意味する第7ハウスの
カスプサインはおひつじ座です。

月と天王星が0度の角度を作っているので、
一緒に過ごす時間が少なかったり、
移動やお引越しの多い結婚生活を送りやすくなったりします。

早乙女さんのホロスコープの火星と、
西山さんのホロスコープの火星が
天びん座で0度の角度を作ります。

同じ惑星同士で角度を作ると
意気投合しやすいのですが、
火星同士なので共通の話題で意気投合しているうちは良いのですが、
刺激が強くなりすぎて摩擦が生じてしまう場合もあります。

適度な距離感を保つことができれば
摩擦が生じる可能性も低くなるかもしれません。

早乙女さんのホロスコープの、天びん座の太陽と
西山さんのホロスコープの、さそり座にある土星が60度の角度を作ります。

お二人の場合、早乙女さんが輝くために
西山さんが尽くすことになりやすいです。

 

つづいて離婚時のホロスコープにお二人のホロスコープを重ねます。

早乙女太一、西山茉希離婚時の三重ホロスコープ

離婚時もパートナーシップを意味する第7ハウスの
カスプサインはおひつじ座です。

愛情の星・金星は海外を意味する第9ハウスにあり、
愛情のほか、興味の対象も家の外にある状態と言えます。

また、結婚時のホロスコープと比較すると、
お二人とも結婚生活中に土星が生まれた時の土星の位置に戻ってくる
サターンリターンを経験しています。

サターンリターンはひと回り大人になる時期でもあります。

お二人とも結婚生活を通して
精神的に磨かれる経験をしたのでしょう。

生まれた時間がわかる場合、
第5ハウスは恋愛運をみる際に確認するハウスですが
ここには子どものことが示される場合もあります。

第5ハウスには土星と冥王星があり、
4度の差がありますが、0度(コンジャクション)を作っています。

お子さんの立場からすると、
今回のご両親の離婚は重く
今後の人生を大きく左右する出来事になるのでしょう。

まとめ

お二人の相性をみると、
一緒に過ごすうえで配慮の必要な相性ではありますが、
結婚から離婚までの間にサターンリターンを迎えていたことから、
お二人ともそれぞれにできる範囲で
良い関係を作るために努力なさっていたのだと考えられます。

縁があって結ばれたお二人が離婚を決断なさるのは悲しいことですが、
お二人の魅力がさらに輝き、今後ますますご活躍されることを願っています。

 

Pocket
LINEで送る

投稿を作成しました 29

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る